今晩ママが帰ってこない!子供寝かしつけマスターの俺が6つの秘技を伝授する。

子育て
スポンサーリンク

今晩今晩ママが帰ってこない!子供寝かしつけマスターの俺が6つの秘技を伝授する。ママが帰ってこないパパ達。

 

ベッドに入っても

動き回って寝る気配ゼロ…

 

授乳させることもできなねぇし!どうすりゃいんだ!

 

そんなあなたの為には、子供を寝かしつける6つの秘技を紹介する。

 

それでは、秘技を紹介していこうか

・いつも何時に寝かせてるか確認しとく

・はみがきしたか?

・水を飲ませたか?

 

くらいはサクッとチェックしといてくれ。

 

それじゃ、準備はいいか。

スタートする。

 

秘技1  焦るな!奴らは気付くぞ。催眠の術!

うん。まじで

 

なんかのセンサーが付いてるんじゃ??

 

そんな感じであながた焦ってる時は奴らは寝ない

 

ここは深呼吸!俺は眠いんだ!

 

と、自分に睡眠術をかけるんだ!

 

 

寝落ちできないあなたはアラームセットしとくといいよ。

しかし、アラームはバイブにしてても子供が起きる可能性がある。

 

奴らのセンサーはとにかく敏感だ。

 

そこで俺がオススメするのはApple Watchを使うことだ。

こいつのバイブは音がしない。だが 、叩かれているような感触で
すぐに目がさめる。

 

俺はこいつを利用して電車の寝過ごし対策してる。

 

スマホのタイマーだと寝過ごすことがたまにあったが、今は皆無だ。
こいつの効果は半端ないぞ!

 

秘技1 寝つかせようと焦らない

 

秘技2  だっこ&ポンポンの術!

まぁ、基本の術だ。

 

この術の基本は、

立ってやることだ。

 

さらに、

膝を使うという小技をミックスすることでさらに効果UPだ。

 

組み合わせの小技をとしては、歩き回るってのもあるぞ。

 

 

秘技2 だっこ&ポンポンの術!

小技1: 膝を使ってよしよし

小技2: 歩き回る

 

 

秘技3  抱っこ紐の術!

エルゴとか家にあるでしょ

 

こんなやつ

 

ない?

 

じゃあ、買っといた方がいいぞ

 

 

こいつを使ってだこしてやってくれ。

 

奴らはエルゴ使って抱っこしてやると

気をぬくようだ。

 

警戒心を一気にぶち壊して眠りに落とすんだ。

 

この術でも

小技

  • 膝を使う
  • 歩きまわる

を組み合わせていくといいぞ

 

キリン
キリン

秘技3 抱っこ紐の術!

 

秘技4  分身の術(息の話ね)

これまでの秘技と組み合わせて使うもんだ。

 

まず自分が寝てる時の息の仕方を再現する。

 

そして、自分の頭を奴らに近づけて

己の息のリズムを奴らにコピーしていきやり方だ。

 

 

この方法で一気に寝かしつけてくれ

 

 

小技としては、

己も目をつぶりながらやることだ。

これにより、心が落ち着き。

 

奴らがチラ!っとみてきたときも。

おぉ、ちゃんといるな。

 

 

寝てるか、じゃあそろそろ寝てやるか。

そう、仕向けることが可能だ。

 

キリン
キリン

秘技4 分身の術(息の話ね)

 

秘技5  脱出の術!

ここまで秘技を使っても寝ないとなると結構厄介だな。

 

大丈夫。

 

この秘技では、

 

抱っこ紐で抱っこしたまま、外に散歩に出る。

家の中で歩き回るよりもかなり効果大だ。

 

秘技5 脱出の術!

 

抱っこひもしたままで、散歩に出かけてくれ!

夜外散歩するとストレスも解消になるぞ

 

秘技6  タヌキ寝入りの術

 

これまで紹介した術で奴らが寝たら

 

ベットに寝かせてやらねぇと行けねぇ。

だが、ここが最大の砦だ。

 

慎重にな

 

 

ここで使う秘技がタヌキ寝入りの術だ

 

静かに子供をベットに置く。

 

抱っこ紐使って場合は、己が横になってからロックを外してくれ

 

慎重に、慎重に

そっと横にさせたら即座に寝たフリだ!

 

 

ポイントは、

  • 腕を回してあげよう
  • 分身の術(子供の息つぎをコピー)
  • 五分以上続ける

 

キリン
キリン

秘技6 タヌキ寝入りの術

 

せっかく寝落ちしたんだ。しっかり5分添い寝してやってくれ

 

さいごに

いかがだっただろうか。

今回は、

今晩はママが帰ってこないパパ達。に向けて子供を寝かしつける6つの秘技を紹介した。

 

もう、子供達は寝たはずだ。

 

さて、動画でもみて夜のくつろぎタイムを味わっちゃってくれ。

Huluだったら2週間無料期間もあるし、おすすめだぞ。

そんじゃ、またね

ばい

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました